特定技能制度とは? endsection 特定技能制度とは?|人材紹介のオールインワン管理ツール|LaS

LaS aS

特定技能制度とは?

特定技能制度は、日本政府が外国人労働者の受け入れを促進するために2019年に導入した制度です。

特定の分野で労働力不足が深刻化している状況を踏まえ、一定の技能と日本語能力を持つ外国人を受け入れることを目的としています。

日本の労働市場における人手不足を補うための重要な手段となっていますが、 外国人労働者の日本社会への適応や労働環境の整備、技能実習制度との連携など、多くの課題も存在します。

特定技能制度には「特定技能1号」と「特定技能2号」の二つのカテゴリーがあります。

▼▼特定技能1号▼▼

特定技能1号の資格取得には、分野ごとの技能試験と日本語試験(JLPT N4レベル以上)に合格する必要があります。在留期間は1年ごとに更新可能で、最長5年間となっています。 主に下記の14分野で外国人労働者を受け入れるための制度です。

介護

ビルクリーニング

素材産業

産業機械製造業

電子・電気機器関連産業

建設

造船・船用工業

自動車整備

航空

宿泊

農業

漁業

飲食料品製造業

外食業

▼▼特定技能2号▼▼

特定技能2号は、特定の分野でさらに高度な技能を有する外国人を対象としており、 現在は建設業と造船・船用工業の2分野が対象となっています。 特定技能2号の取得には、より高度な技能試験に合格する必要があり、 在留期間の上限がなく、家族の帯同も認められています。

▼▼特定技能人材の紹介事業・登録支援機関▼▼

企業が特定技能人材を紹介してもらうメリットは多くあります。 まず、労働力不足を解消することができ、特定のスキルを持った人材を確保することができます。 また、登録支援機関を利用することで、外国人労働者のサポートを効率的に行うことができ、彼らが長期にわたって安心して働ける環境を整えることが可能です。

▼特定技能人材の紹介プロセス

① 求人企業の登録

まず、特定技能人材を必要とする企業が求人情報を提供し、登録を行います。 求人情報には、職種、必要な技能、日本語能力、待遇などの詳細が含まれます。

② 求職者の募集と選考

人材紹介業者や登録支援機関が、海外や国内で特定技能人材を募集します。 求職者は、技能試験と日本語試験に合格する必要があります。 これらの試験は、分野ごとに異なる基準が設定されています。

➂マッチングと面接

求人企業と求職者のマッチングが行われ、適合する候補者が選ばれます。 その後、企業との面接が行われ、採用が決定します。

④ 契約と在留資格の申請

採用が決定した場合、企業と求職者の間で雇用契約が締結されます。 その後、在留資格「特定技能」の申請が行われます。

⑤ 入国と支援

在留資格が取得でき次第、求職者は日本に入国します。 登録支援機関は、外国人労働者が日本でスムーズに生活・労働できるよう、様々なサポートを提供します。 具体的には、住居の確保、生活指導、日本語教育、相談窓口の設置などがあります。

⑥ 登録支援機関の役割

登録支援機関は、特定技能人材と企業の橋渡しをするだけでなく、外国人労働者が日本で安心して働けるようサポートします。具体的には下記の通りです。

入国前のオリエンテーション

生活ガイダンス

職場環境の確認と調整

日本語学習支援

相談窓口の設置

LaSで解決!!

リクサス株式会社では、人材紹介事業向けの管理システム『LaS』 を提供しております。

LaSでは、紹介会社ごとの事業に合わせて、簡単・自由にシステムのカスタマイズが可能になっているため、

・どの分野の技能試験に合格しているのか

・ビザの有無、期限、発行状況

など、通常の人材紹介に加え、管理しなければならない情報が多い場合でも安心してご利用いただけます。

なお、運用開始後の項目のカスタマイズも簡単に操作ができますので、法律の改正によって管理情報の変更などが生じた際も、問題なく対応ができます。

いかがでしたか?

・特定技能人材の情報管理や入国までのフローが管理しきれていない…

・社内に法関連の詳しい知識をもつ人間がいない…

といった場合は、大きくお役立ていただけるツールとなっております。

資料請求・無料トライアルをご希望の方は、【お問い合わせ】【資料請求】をご利用ください。

★問い合わせはこちら! →お問い合わせ